Browsing: 仕事

仕事を辞めたくなった時の対処方法は?

job

大概の方が一度は仕事を辞めたくなり悩んだり、思い切って転職した方が沢山いらっしゃると思います。
私もその1人で大丈夫な日もあれば、憂鬱で仕方がなくそのまま帰ろうかと思う日もあります。
仕事の職種によりますが、自由が効かず何かに追われていたり常に責任が付きまといますと、精神的に常に追い詰められます。
同じ条件で雇って貰っているのに、環境にあまりにもの違いがありますと、なんで私だけこんな思いをしないといけないのと思わず妬んで、会社を辞めたいと思ってしまいます。
[Continue reading…]

{ Comments are closed }

仕事は生活のために仕方がなくやることでしょうか?

昭和という時代では、仕事というのは、生活するために仕方がなくやっているものだという人が大半だったといいます。
私自身も、仕事はイヤイヤやっていたというのがほとんどで、実際今まで3回転職しています。

しかし今は、本当に好きなことを仕事にしたり、知恵と工夫で仕事を楽しいものにしたりすることが可能な時代だと言う人がいます。
私としてはそう言われてもあまりピンと来ないのですが、最近は若い人の起業が増えてきたという報道を聞き、そのことと関係があるかも知れないと思いました。

仕事が楽しいと感じることができれば、確かにそれだけで幸福な人生だと言えるでしょう。
幸せになるために生きているのだとしたら、やはり仕事を楽しむことを目指すべきでしょう。

そのためには、実際に好きなことを仕事にしている人たちの情報に接することが早道だといいます。
そしてそういう人たちの世界観を批判せずにそのまま受け取ることができると、どうやって好きなことを仕事にしたかがわかるようになってくると言うのです。

そういった世界観を受け入れるということは、ある意味パラダイムシフトに直面することになるでしょう。
それには今まで苦労してきた経験などに対する執着を、一旦捨てることが必要なのかも知れません。

{ Comments are closed }

リスニングパワーのおかげで海外旅行が楽しくなりました!

english

私は年に数回、海外旅行に行っています。
その時、いつも感じていることがありました。
ちょっとした時に、英語を話したいと思うことです。
買い物をする時等、特にそのように思っていました。

そんな時、リスニングパワーを聞いている友人のことを知ったのです。
そのリスニングパワーについては、以前から関心を持っていたのです。
それを聞くことによって、勉強というよりも自然に英語に馴染むことができると思ったからです。

そのため、その友人に連絡をして、リスニングパワーを聞かせてもらうことにしたのです。
すると、とても聴きやすいのです。
耳にすんなりと入ってきます。
音声がここちよく感じることがで着るので、これだったらいつも聞くことができるかもしれないと思ったことでした。

ちょうど子供も欲しがっていたので、それを購入することにしました。
するとやっぱり大正解でした。
英語を自然な感じで覚えることができたからです。
その後は、ちょっとした英語を聞いとることができるようになり、旅行が楽しくなっています。

旅行にいった時に、怖い感じで英語を話していたのですが、最近では堂々と話すことができるようになりました。
これもリスニングパワーのおかげであると思い、感謝をしています。

{ Comments are closed }

薬剤師になる為の教育期間

最近、ドラッグストア内にも調剤薬局コーナーが設置され始める様になってきたました。
そのせいもあり薬剤師の姿を今までより良く見かけます。
さて、そんなより身近な存在になってきた薬剤師ですが、これになる為にはまず、大学の薬学部を卒業し、その後、国家試験に合格しないといけません。
[Continue reading…]

{ Comments are closed }

テキパキ動けない人がそろっている職場

会社が引っ越しをすることになり、色々と移転の準備を進めていました。こういう時、テキパキ動ける人とそうではない人がハッキリすると感じます。自宅の引っ越しもそうですが、早すぎると思うくらいのタイミングで進めても、間に合わないくらいなのに、引っ越し前日になっても、当日になっても動かない人は何もしませんでした。

そんなのんびりマイペースな人達を見ていると、本当にイライラしてしまい、1人で進めた方が早いと思いました。だから、力仕事になりますが、黙々と梱包を進めました。

私の姿を見た上司が、そんなに急がないとダメなのかと聞いてきて、ビックリしました。正確には、呆れて何も言えなくなったと言った方が良いかもしれません。こういう感覚というのは、仕事というよりも持って生まれたものという方が大きいと思います。

引っ越しは何とか無事に終わりました。同僚達は、頑張って良かったというテンションでしたが、一番頑張ったのは絶対に私です。何だか、気付いた人が損をするという仕組みに、嫌気がさしました。良い時ばかり利用されて、きちんと評価されないのは、本当に納得がいきません。

ただ、そんな私のことを気遣ってくれる先輩が1人だけいるので、その人の存在を大事にしようと思いました。

{ Comments are closed }

ウェブデザイナーの資格について

IT化がますます進む今日の日本社会において、IT関係の仕事は最も将来が期待できる仕事の一つであると言っても過言ではないでしょう。

IT関係の仕事の中でも、会社に勤めながら仕事をすることができ、また自分自身で独立をして仕事をすることのできるものの代表的なものがwebデザイナーとなります。
webデザイナーとして就職を目指したり、独立開業を目指す上で欠かすことのできないものの一つがwebデザイナーとしての資格となります。
資格は自分の持っている技術や知識、スキルを客観的に証明してくれるものであり、就職や仕事を獲得する際には大いに助けとなってくれます。

また、取得するためには試験をパスする必要があり、試験勉強を通して知識やスキルを身につけることができます。
是非とも試験にチャレンジして将来に役立てたいところですよね。

国家資格であるウェブデザイン技能検定や民間資格であるJWSDA Webデザイン検定、Webクリエイター能力認定試験等が代表的なものとなっています。
ウェブデザイン技能検定の3級と2級は実務経験無しで受験が可能なのでこれからwebデザイナーの勉強を始める人には最適なものだといえます。
JWSDA Webデザイン検定は全体的なスキル向上のため、Webクリエイター能力認定は実技スキル向上のために挑戦してみるとよいでしょう。

{ Comments are closed }

大学か専門学校か

進学する際に大学か専門学校かの選択肢があるのですが、どちらもメリット、デメリットはありますね。
総合的な事を学びたいのか専門的な事を学びたいのかの違いです。
しかしもう一つ大きな違いがあります、二年間なのか四年間なのかの違いです。
中には大学を卒業してから専門学校に進む人もいます、社会にでる年齢は二十四歳になりますね。
例えばですが、専門卒で入社しても大学卒に比べえて二年の猶予があるので仮に一年で会社を辞めてしまっても第二新卒としてやり直しがきき易いです。
その事と、現在の学生の就職活動事情を踏まえて新たな制度を設けてはどうでしょうか?
それは三年制の学校です。
中には三年制の専門学校も存在はしますが、私が考えているのはその三年間の使い方を専門的な分野をゆっくり追求するもよし、総合的な事と専門的な分野の両立もよし、二年で単位を修得してしまい残り一年は就職活動に専念するもよし、と選択の幅を学生に任せるのです。
この制度であれば当初一年は専門的な分野の授業を受け、その後に自分がどうするかの方向転換が柔軟に出来ます。
入学したもののやっぱり大学は…やっぱり専門学校は…と学校を辞めてしまう事への改善にも繋がります。
これから社会に出るに当たり人生を決断する大事な選択なのでゆっくり考える時間を与えるべきだと思います。

{ Comments are closed }