Browsing: 相撲

関取最年長の業師、安美錦が夏場所で十両の優勝争い!

38歳で現在、現役関取最年長の十両・安美錦は夏場所で十両の優勝争いを演じる好調な取り組みを見せました。
元々幕内で相撲を取っていたのですが、2016年の5月場所でアキレス腱断裂の大けがをして翌場所を休場、9月場所から2004年11月場所以来約12年ぶりとなる十両で土俵を務めています。

安美錦は、今場所は2連敗スタートでしたが、その後勝ち星を延ばし、14日目ではトップ対の8勝5敗となりました。
千秋楽、錦木との優勝をかけた一番では取り直しとなり、惜しくも負けてしまい、十両優勝の最年長記録を更新することができませんでした。

それでも、来場所は番付も上がって、いよいよ幕内復帰を目指すことになります。
年齢的にもアキレス腱断裂のような大きなけがをしてしまったら、気持ちが折れて引退を考えてしまうのではないかと思います。
ただ、いつも必ず、幕内に戻るとコメント、飄々した雰囲気の中にも相撲に対する情熱はまだまだ続いているのだなと感心します。

また、安美錦は巡業などで、部屋や一門関係なく、若手力士に稽古をつけてくれることでも有名です。
前場所から幕内に昇進した人気の宇良関も、場所前の巡業で熱心に指導を受けています。
一門の枠を超えて、後輩にアドバイスした大ベテランの姿は安美錦の人間性が伺えます。

安美錦がけがで休場していた時は、同部屋の宝富士がインタビューのたびに安美錦のけがの状況を報告。
「言えと言われているので」とは言うものの、後輩が好かれていることが分かります。
大関の照ノ富士が優勝した時も自分のことのように喜んだと聞きます。

ポーカーフェイスで冷たい感じがしますが、心は熱い素敵な力士、ファンが多いのも分かりますね。
足のけがは完治とはいかないと思いますが、安美錦の技の相撲で幕内も戻ってほしいと思っています。

{ Comments are closed }

高安は大関に昇進できるのか、大関に昇進できる条件とは?!

横綱・稀勢の里で盛り上がり大相撲夏場所。
実は同部屋の弟弟子・高安が大関取りに挑戦しています。

高安は茨城県出身の27歳。今では珍しい、中学を卒業してすぐに角界入りしています。
大関に昇進するためには、3場所連続で三役(関脇・小結)の地位にあること。

その通算の勝ち星が33勝以上が目安ということが条件として存在すると言われていますが、これは絶対ではありません。
照ノ富士のように前頭2枚目で幕の内優勝して大関になった例もあります。

高安は横綱・稀勢の里との稽古で力をつけ、ここ1年くらいで別人のように強くなった印象です。
昨年の九州場所で初の大関取りに挑戦して失敗、仕切り直しとなり、初場所が東の小結で11勝、春場所が西の関脇で12勝をあげています。
つまり、今場所、10勝以上すれば大関へ昇進となりますが、理事会で満場一致で昇進が決定するためには、優勝争いをしなければいけないと思います。

現在高安は1敗で、全勝の白鵬、日馬の富士の両横綱との差は1勝だけです。
後半戦は横綱、大関の上位陣との対戦を控えており、直接対決までは星を落としたくないところです。

現在、大関は二人。
ある程度の成績を残せば、大関に昇進できるのではないでしょうか。

高安は、幼馴染の元AKB48の秋元才加さんとの熱愛の噂もあり、大関取りに続き嫁まで取ってしまうかもしれません。
出世は稀勢の里に先を越されましたが、嫁取りは横綱の先を越したいところですね。

{ Comments are closed }

稀勢の里関には、ひたむきで真っ直ぐな横綱になってもらいたい。

入門から15年かかってようやく横綱昇進を果たした稀勢の里関。
テレビでは優勝決定前から土俵入りまでの間、連日放送されていましたが誰一人として彼を悪く言う人はいませんでした。

横綱になった人でさえも「問題行動や問題発言」が取り沙汰され、批判される力士もいました。
けれど、稀勢の里関の人間性や相撲に対する真摯な思いが伝わってきてより好きになり応援したくなったのです。

15歳で中学を卒業する1か月前に学校を離れ、相撲部屋に入門されたそうです。
家庭の事情もあり、自分が稼ぐんだという強い思いもあったようなのです。

一方、小さいころは野球をしており、時に仲間にイライラする態度を取っていたようでした。
それを監督に指摘されると「泣きながら謝りに来た」というエピソードを目にしました。

昔は泣き虫だったけれど自分が納得いくまで素振りをしていたとも言います。
現在でも稽古熱心だと言いますので、自分のやりたいことはとことん追求される方なのでしょう。

今の稀勢の里関は土俵では決して表情を変えません。
けれど、優勝が決まった時に右目から一粒涙が出た時、本当にほっとしたんだなと感じました。
30歳という決して若くない横綱ですが、短命に終わらず今のひたむきさを忘れない横綱になってもらいたいです。

{ Comments are closed }