Browsing: 法律

自己破産後の生活がどうなるか解説しています。

自己破産して免責が得られると債務が一切なくなるため、取り立てから解放され、金策に走り回る必要がなくなり安心して生活できるようになります。
免責の条件として、債務を支払う為に処分しなくてはいけない物は、その時点で20万円以上価値のあるものです。
その為家を所有していた人は家を売却して手放さなくてはいけなくなりますが、貸家に住んでいた人はそのまますみ続けられます。
家財道具のほとんども手元に残せ、現金も99万円まで取っておけるので生活面での支障はありません。
[Continue reading…]

{ Comments are closed }

多重債務で限界になるといったいどうなる?

saimu

複数の借金を抱えてしまい多重債務となった場合の特徴的な取引状況としては、借金を返済するための新たな借り入れと、借入限度額の天井現象があります。
借金返済のための借り入れとは、すでに借りているキャッシングやクレジットカードなどの限度額が上限まで達してしまい、月々の返済するお金を用意できないため、別の会社から借り入れをすることでなんとか約定返済だけをしている状態です。

天井現象とは、限度額いっぱいまで使い切っている多重債務の特徴的な状態で、月々の約定返済をしたことによって復活した限度額ですぐに上限まで借り入れをしてしまう状態です。
キャッシングやクレジットカードが天井に到達すると、新たな借り入れはできませんので毎月利息だけを払っている状態になり、元金が全く減らないという恐ろしい状況になってしまいます。

最終的には、毎月の返済で復活した限度額すぐに利用して借り入れし、そのお金を別の会社の毎月の返済にあてるという完全な自転車操業状態、つまり多重債務となります。
この状態になってしまうと不測の事態で病院に行くことになってしまったり、急な出費が必要になった場合は対応できなくなりますので、さらに新しい借り入れを申し込むことになってしまい、どんどん深みにはまってしまうことになるのです。

{ Comments are closed }

借金問題から解放されるための解決策を節約しながら!

借金の返済義務があってハッピーという人はいないでしょう。
返済はなるべく早めに終わらせて借金生活から解放されましょう。
ただ毎月一万円やら三万円を返すだけでしょ、と気軽に思えるキャッシングやカードローンですが毎月返していくとなると結構な出費となり、満足な生活ができなくなる月だってあるでしょう。

いつまで返済をしなければならないのだろう、入金日までにお金が足りなかったらどうしようというプレッシャーが債務者を苦しめます。
借入があると未婚の人は結婚ができない、既婚者の人は離婚をされてしまうという男女関係や婚姻についてのデメリットも有ります。

そもそも借金をするのですから元々お金持ちではなく、一万円の支払いにすら困ってしまうという人が多いです。
どうすればいいのか、必ず解決策はあります。

返済から解放されたいがために他人を騙して肩代わりさせたり、他人からお金を借りてそのままトンズラしたり、果てには流行している電話での詐欺などに手を出してしまったり、リスクの伴う危険でありまともではないお仕事に手を出してしまったり、という債務者がいますが、安全なる解決方法を考えましょう。
弁護士への相談も良い方法ですが、債務者は節約のために無料相談をお勧めします。

{ Comments are closed }

自己破産手続きと免責の違い。

自己破産を申し立てる目的は、借金を免責してもらい、苦しい生活から抜け出すためなのは言うまでもありません。
ですが、ただ申し立てるだけで無条件に免責されると考えていないでしょうか?
自己破産の手続きは2段階に分かれています。

1つは破産者として認められる申請。
もう1つは借金を免責してもらう免責の申請です。
債務超過で財産もなければ、自己破産を申し立てて、手続の開始決定により破産者になることは難しくありません。

しかし、免責されるかどうかは別の手続きです。
破産者になったからといって必ずしも免責されるとは限らないということに理解が必要です。

この点は非常に誤解が多く、何度も申請は行えます。
しかし何度も免責されないのは、2つの手続きが分かれているからです。
この制度は人生をリスタートするのに有効な手段ですが、全ての申請者を簡単に免責してしまうのは不平等です。

例えば、意図的に債務超過を作って全て免責されてしまったら、お金を貸した側はたまらないでしょう。
また、免責されるかどうかは、多額の借金を作った理由に大きく影響されます。
常識的に考えて一度は許しても二度は許されないような理由(自分勝手な浪費など)では、免責されないこともあるので要注意です。

{ Comments are closed }

過払い金請求に実際に関わった体験談。

過払い金というものは、無駄に支払ってしまっていたお金であるということなので、絶対に返還請求をして取り返さないと大きな損になってしまうものです。
そのため手続きが難しくて大変であるとしても、それでも絶対に返還してもらうべきお金であるということができます。

私も両親の稼ぎが全然良くなく、奨学金や生活費などといったもののために多額の借金を背負ってしまっていました。
一つの借金を返し終えてもまだほかの借金があるという終わりの見えない借金返済がずっと続いてしまっていました。
しかし頻繁に過払い金を返還してもらえるという広告が私の目に入ってきたため、私も返してもらい、それによって少しでも借金返済の生活を楽にしようと考えたのです。

最初は弁護士や司法書士には相談せず、全て自分で計算して手続きなどを行おうとしていました。
けれどもかなり勉強しなければ、向こうの貸金業者と対等に渡り合うことはできませんでした。

この勉強をしていると日頃の仕事などの生活にも大きな支障をきたしてしまうため、とりあえずは弁護士に相談することにしたのです。
結果として当然弁護士費用はとられてしまいましたが、それでも過払い金を返還してもらえたため、日々の生活が楽になりました。
取りあえず、満足しています。

{ Comments are closed }