Browsing: 住居

中古マンションの購入は、売却しやすい物件かどうかも重要。

中古マンションを買う際は、恐らく一括で購入される方はごく僅かでしょう。
そのため、購入してからの月々の支払など、資金計画を念入りに行うことが必要です。
購入する際に、地域によっては市場の相場価格や物件の情報はネットだけでなく、実際に見学に行くのが雰囲気や立地を確認するためには必要になってきます。
[Continue reading…]

{ Comments are closed }

姿勢を矯正する椅子について紹介しています。

私には娘が二人います。
それぞれ中学生と小学生です。
特に最近の悩みは、中学生になった娘の姿勢の悪さ。
ずっと猫背で注意をいつもしてはいたものの、本人には直すつもりはさらさらなく、うるさがられる始末。
親子関係まで悪くなりそうで意外に深い悩みです…。

姿勢が悪いと集中力に欠けて成績も悪いと、最近テレビでもよく言われているので、この際、矯正の為に特別な椅子を購入してみることにしました。
もちろん値段は少々高めですよ。
けれど姿勢が矯正され、なお成績UPにつながる椅子となれば、親として買わずにはいられません!
少々不安ではあったものの購入して、嫌がる本人を座らせて一週間程で「ん?少し背筋伸びて来た?」と感じる程でした。

半信半疑で買った椅子でしたが、本当に姿勢矯正出来るとは、びっくりです。
これで成績もUPするなら安い買い物です。
今は使い出して一ヶ月ほど経ちましたが、最初は嫌がって座っていた椅子も今は普通に使ってくれてます。
効果も随分出てきて、何だか明るくなった感じにも見受けられます。

やっぱり女の子だし、背筋はちゃんとしてないといけません。
もうすぐテスト期間突入ですので、集中力アップの効果に(?)期待です。
興味があれば、公式サイトに詳しく書かれているの、確認してみて下さい。

{ Comments are closed }

外壁塗装の目的は建物の保護と外観を良くすること。

新築時はまだ真新しい建物も、年月を経ると色褪せて劣化してきます。
外壁の材質によって劣化が目立つようになるまでの年月には違いあります。
ですが、やはり直射日光が当たりやすい立地にある家や強風に曝されやすい地域では比較的劣化が早いと言って良いでしょう。
劣化した外壁をそのままにしておくと家屋の外観が損なわれるだけでなく、家屋の機能にも影響が出てきてしまいます。

そこで、外観をより良くする目的と建物を保護するという二つの目的を適えることが出来る外壁塗装の必要性が生じてくるのです。
これによって色褪せていた建物を綺麗に塗装し直すと、外観は見違えるほど美しくなります。
まるで新築時のような見た目になるので、家屋の外観を維持したい場合の効果は抜群だと言えるでしょう。

外壁の塗装は、年月をかけて少しずつはがれていきます。
すると当初の耐久性が損なわれ、劣化がひどくなると家屋内にまで影響が出る可能性も否定出来なくなってしまうのです。
劣化した外壁も再び塗装することで耐久性が向上し、家屋の機能も守られやすくなるというわけです。

外壁塗装の塗料にもいろいろな種類があるので、より耐久性の高い塗料を選ぶことでますます家屋の保護機能も高まるという利点もあります。
築年数が経過して建物の劣化が目立つようになってきたら、家屋をより長生きさせる為にも施工を検討してみることをお勧めします。

{ Comments are closed }

自分で引っ越しするとやっぱり一番安いよね。

引越しするときは、よく段ボールにそれぞれ物ごとに入れて、名前を書いてわかりやすくしたり、割れ物などは隙間に新聞紙をつめたり、結構面倒だなと感じていました。
また、業者に頼むと結構いい値段もするし…。
[Continue reading…]

{ Comments are closed }

古い家の不思議

一般的に家は建てると50年くらいが寿命で、また建て替えないといけないといった感じです。
鉄筋コンクリートのマンションでももうちょっと足したくらいでまた壊さないといけないような古さになってしまいます。
ただ、京都を先日歩いていてかなりの数の木造住宅を目にした時に不思議に思ったのです。
なぜ木造住宅は100年以上住み続けることが可能なのだろうか、と。
もちろんちょこちょこ改修工事はしているとは思うのですが、それでも木はそのままの状態で長い間もっています。
火災や地震には弱いと思いますが、つくづく不思議だなあと思っています。
鉄の方が強いような気がしますし、コンクリートを使った方が長く持つという固定観念があります。
考えてみると、神社やお寺も木造住宅で長い間もっています。
やはり自然の素材というのはあらゆる意味でベストなのかもしれません。
畳だって冬は熱を逃がさずに夏は風通しがいいようにと考えられてもいます。
実際、木造の建築物の中にいると気持ちがほっと落ち着きもしますし、憧れの気持ちもあったりします。
日本人だからでしょうか。
温泉旅館に行った時もほっとして、ヒノキのお風呂でもいい気持ちになります。
もしかしたら、もっと木の大切さについて考えた方がいいのかもしれません。

{ Comments are closed }

築20年以上の自宅

私は実家住まいなのですが、最近とても気になるのは家が古くなってきたことです。
もう築20年を超え、あちこちにガタがきています。
床は軋むし、ひどい雨や雪の日には雨漏りしてしまう部分もあります。
[Continue reading…]

{ Comments are closed }

ごみに出したお鍋たちどこに行ったの?

先日、待ちに待った月に2回ある小型金属類の収集日ということで、もう5年以上は使ってきたティファールの鍋セットをごみ置き場に出すことにしました。

と言っても何か月か前からずっと出そうと思っていたのですが、うちは家にカレンダーを置いていないので、第2周目が何日かチェックしてなかったんです。
なので「そうだ、出さなきゃ」と思った時には回収日が過ぎていたり、前の週だったりが多く、今回やっと忘れないように出すことができました。
月2回しか来ないということもあり、ごみ置き場にはすでに傘の束や古いステンレス鍋すでに色々置いてあり、みんないっぱい出すんだなぁと思いながらうちも置いて家に戻りました。

家について、やりかけの家事をしていた時、まだ出し忘れた金属類があったのを思い出して再度またごみ置き場に行ってみると、なんとさっき置いたティファールがなくなってるんです。
うちが出したモノ以外にも、まだ使えそうだったステンレス鍋なども一緒になくなっていてびっくり。
一体だれがどこに持って行ったのか…
金属やごみって、たまに誰かが自転車で来て持って行ってしまうのを見かけますが、まさか自分の置いたものがなくなってるとは思っても見なかったので、ちょっとモヤモヤ。
あと、うちが出したティファールは取っ手が取れるタイプなのですが、取っ手は今ある新しいティファール鍋でも使っているので、取っ手はゴミとしてだしてないんです。
なので、取っ手のない鍋を持って行ってもどうやって使うんでしょう。
持っていかれたのはちょっと嫌だけど、はたして持って行った人はどうやって使うか興味を持ってしまいました。

{ Comments are closed }