横綱・稀勢の里で盛り上がり大相撲夏場所。
実は同部屋の弟弟子・高安が大関取りに挑戦しています。

高安は茨城県出身の27歳。今では珍しい、中学を卒業してすぐに角界入りしています。
大関に昇進するためには、3場所連続で三役(関脇・小結)の地位にあること。

その通算の勝ち星が33勝以上が目安ということが条件として存在すると言われていますが、これは絶対ではありません。
照ノ富士のように前頭2枚目で幕の内優勝して大関になった例もあります。

高安は横綱・稀勢の里との稽古で力をつけ、ここ1年くらいで別人のように強くなった印象です。
昨年の九州場所で初の大関取りに挑戦して失敗、仕切り直しとなり、初場所が東の小結で11勝、春場所が西の関脇で12勝をあげています。
つまり、今場所、10勝以上すれば大関へ昇進となりますが、理事会で満場一致で昇進が決定するためには、優勝争いをしなければいけないと思います。

現在高安は1敗で、全勝の白鵬、日馬の富士の両横綱との差は1勝だけです。
後半戦は横綱、大関の上位陣との対戦を控えており、直接対決までは星を落としたくないところです。

現在、大関は二人。
ある程度の成績を残せば、大関に昇進できるのではないでしょうか。

高安は、幼馴染の元AKB48の秋元才加さんとの熱愛の噂もあり、大関取りに続き嫁まで取ってしまうかもしれません。
出世は稀勢の里に先を越されましたが、嫁取りは横綱の先を越したいところですね。