プロ入り3年目の覚醒へ!広島東洋カープ薮田和樹投手。

2016年、25年ぶりのセリーグ制覇を果たした広島東洋カープ。
広島を熱狂の渦に巻き込んだその快進撃は日本シリーズで日本ハムファイターズに破れ、そして英雄的存在であった黒田博樹投手の引退という衝撃的なニュースとともに幕を閉じました。

セリーグ連覇、そして日本一という大きな目標を持ったカープでしたが、戦前の予想は黒田の穴もあり、評価は決して高くありませんでしたが、蓋を開けてみれば4月セリーグ首位を確保し、今年もセリーグ制覇へ向けて順調にスタートしました。
その快進撃を支えている一人が今回ご紹介する薮田和樹投手です。

薮田和樹投手は2014年のドラフト2位でカープに指名された投手ですが、この指名は当時のカープファンの中で非常に大きな衝撃をもって受け止められました。
その内容は決して好意的なものではなく、「なぜそんな上位で薮田を?!」という意見が圧倒的多数を占めました。
それもそのはず、薮田投手は大学時代の実績はわずか3試合の登板しかない、ほぼ無名の存在だったのです。
「上位指名ならもっと花形の選手が採れたはず」
薮田投手のプロ入りは人知れずファンの不満から始まったといって過言ではありません。

薮田投手はカープの先輩である九里亜蓮投手の高校・大学時代の後輩にあたります。
九里投手を見に来たスカウトがたまたま薮田投手を見つけ、故障で真価を発揮できていなかった彼の力を見抜き、実績なしにも関わらずその将来性を見込んで上位指名に踏み切ったのです。

プロ入り1年目はまだ故障の影響からデビューは遅れ、6試合の登板に終わった薮田投手。
2年目は出番が少し増えたもののまだ粗さが目立つ内容でしたが、3年目の今季。ついに身体が出来、その才能が輝きを発し始めます。
オープン戦から結果を残し始めた薮田投手は今季ここまで26試合消化時点で早くも半分以上の14試合に登板して防御率2.40の好成績。
チームに欠かせぬ存在となっています。
150km台の速球にタイミングの取りづらいフォームで終盤を抑える彼の存在は今年が終わった時どういった大きさになっているのでしょうか。
薮田和樹のこれからに注目です。