阪神タイガースの糸井嘉男選手の2017年シーズン。

私は今シーズンから始めてセリーグでプレーする阪神の糸井嘉男選手に注目しています。
日本ハム時代はあの愉快なキャラクター森本「ひちょり」選手からレギュラーの座を奪い取り、オリックスに移籍後も1番、3番、4番と大事なレギュラーとして活躍しています。
2016年シーズンには、35歳にして53盗塁を記録して盗塁王の初タイトルを獲得しています。

2017年シーズンでは主に阪神タイガースの3番センターを務めることが確実と思われます。
パリーグには日本ハムの大谷投手、楽天の則本投手、西武の岸投手、ソフトバンクの武田投手、ロッテの涌井投手、石川投手と右投げのエース級との対戦が多くありました。

パリーグでは西武の菊池雄星選手のみが左の先発で活躍しただけではないでしょうか。
左打ちの糸井嘉男選手にとっては、右投げ投手との対戦は有利だっただけに2016年シーズンの好結果につながったと思います。

セリーグの左投げ投手に注目すると、広島のジョンソン投手、ヤクルトの石川雅規投手、
DeNAの今永昇太投手、石田健大投手、巨人の田口麗斗投手、中日の大野投手とかなりの粒ぞろいです。

鳴り物入りで阪神に入団する糸井嘉男選手の2017年シーズンはこの左投手との対戦に注目していきたいと思います。
そしてこの選手は毎年スロースターターなので、シーズン当初は厳しい阪神ファンからやじが飛ぶだろうと思います。
しかしシーズンを通してはこの左投手を攻略することができれば、安定した成績を残してくれると思います。