清武弘嗣選手は、 スペインのリーガ・エスパニョーラでトップレベルのクラブである、セビージャFCに所属しています。
彼は、それまでドイツのクラブでプレーしていたのですが、そこでの活躍が認められ、スペインの強豪クラブへ移籍することになりました。
清武弘嗣選手が入団した当初は、彼にも十分活躍するチャンスがあると思われていたのですが、その後クラブは有名で実力のあるミッドフィルダーを次々に獲得したのです。

その中には、フランス代表経験もあるサミル・ナスリというワールドクラスのプレイヤーも含まれ、清武弘嗣選手の立場は一気に危うくなりました。
清武弘嗣選手は、初めて出場した試合で1ゴール・1アシストの活躍を見せましたが、その後は目立った活躍を見せられずにいました。

一方で、新加入の選手はコンスタントに結果を残し続け、清武弘嗣選手は徐々に出場機会を失ってしまいました。
清武弘嗣選手は、日本代表として欠かせない選手ですから、出場機会に恵まれないのはとてもよくないことです。
スタミナも低下するし、なにより試合勘がにぶってしまいます。

ですから、私は清武弘嗣選手に他クラブへの移籍を考えてほしいのです。
彼は、十分に実績があるので、必要とするクラブは多いはずです。

その中から、清武弘嗣選手に合ったクラブを選び、たくさん試合に出て活躍したもらいたいです。
それが、日本代表のパワーアップにもつながると思うのです。