家の父が強迫神経症で私達の生活もストレスがたまります。

father

私の父は強迫神経症です。
玄関の鍵を何度も閉めたり開けたり、車や家のドアを何回も開けたり閉めたりしています。
父にこの事を相談したことがありましたが「これは性格でちょっと神経質なことなだけだから」とまともに取り合ってくれませんでした。
私達がこんなに悩んでいるのは私達の生活のペースが全部父のペースになってしまうからです。

父が入ってくるまでご飯が食べられないのとトイレが困ります。
ご飯は先に父よりも早くみんなで食べた事もありましたが、「何で俺が入ってくるまで待っていられないんだ!」と毎回怒ってしまうので待つことにみんなでしました。
そのたびに雰囲気が悪くなるからです。

トイレは何回もズボンのチャックの上げ下げの確認をしてトイレに行きたいのに父が入っているとずっとトイレが使えないのです。
このせいで2回くらい漏らしそうになったことがあります。
これにはさすがに家族は参ってしまって父に病院に相談に行こうと説得する日々が始まりました。

それでも父はただの性格や神経質のせいにしているので私は泣いて父に訴えかけました。
「父さんは性格のせいにしているけど家族が困っているのに知らん顔するなんてあんまりじゃない!」とキレてしまいました。
父もビックリしていましたが、その後の母の説得もあって父は病院で診察を受けに行ってくれました。
今では少しずつですが症状が軽くなって私達も自分のペースを乱さずに生活を送ることが出来ています。