刺青入れてる芸能人の何が悪いのか?

芸能人の刺青・タトゥーに対する世間の考えが狭いことに違和感を持っています。
端的に言うとタトゥーは暴力団を連想させるとのことです。
確かにそのイメージは安易に払拭することは出来ないし、実際にタトゥーを入れている人がファッションとして街中で堂々としている場合に威圧感を感じる事は多いのです。
「人は見た目で判断をしてはいけないよ」なんて言葉があります。
若者のあまりある行動に対して憤りを感じる事はあるのですが実際には成人以上に聖人だなと感じる事もあります。
これについては自分の見た目は他人の第一印象になる事を大前提でファッションを構築すべきで「見た目で判断してはならない」というのは非難に対する自己防衛にすぎないと思います。
日本におけるタトゥーに対する非難は、現状はあるべき姿で覚悟があってのタトゥーであって欲しいです。
だからといってテレビで放映されただけでクレームを入れる暇人や批判者達の心情が理解できないのです。
時代は動きます、ファッションとしていまだに受け入れられないという事だと思いますが、それを知ってか知らずかインターネットのニュースやゴシップは煽るように批判的な記事を書きます。
昔ミュージックステーションでブランキージェットシティはタトゥー丸出しで出演していました、とても男らしくて格好よかったです。
しくじり先生に出演していたISSAのタトゥーなんて可愛らしいなと思いました。
何が違うのでしょうか?と問いたいです。