借りているお金の支払いをするときには、いろいろな方法があります。
よく使われているのは銀行口座から自動的に引き落としてもらうというもので、これが手間に関しては1番必要ない方法なので、簡単に支払うコツとして人気です。
しかし、借金返済の期限までに銀行口座のッ残高に必要な金額が貯まっていない場合にはどうなるのでしょうか?

この場合には、当然返すべき金額が揃っていないので、必要な金額を全て引き落とすことができず、支払いが完了しません。
つまり、返済の延滞という扱いになり、同時に新規の借り入れができなくなってしまう場合が多いです。
だから、その金額を口座に用意して引き落としてもらうまでは、その会社で借金をすることができないので、よく計画して注意をしましょう。

足りなかった分の返済は、振込用紙を送り、それで払ってもらうという場合もあれば、同じく銀行口座の引き落としを継続して、口座に必要金額が入り次第引き落とすという場合もあり、それは借金している会社によって違いますが、共通しているのは貸したお金を全額返してもらえない限り、それ以降お金を貸すことはないということです。
つまり、それは利用者にとっても厳しいでしょうから、そうならないようにしておくとともに、なってしまった場合には素早く支払いを完了することが大切です。