借金返済を一本化しても家計が厳しい。

家計が厳しい状況から、なかなか抜け出せずにいます。
結婚当初から、クレジットカードでの買い物が先行し、後の返済で苦労することの連続でした。
貯金など出来た時は、殆どありません。

子供が幼稚園へ入園した頃に、カードローンの契約をしました。
それまで、妻がクレジットカードの返済で口座にお金が入れられないと時に、クレジットカードのキャッシング枠の利用をしていたらしいのですが、聞けば金利も18%と非常に高く、限度額も少ない為に、何枚か手をつけている状態でした。
それであれば、限度額の大きいカードローンのに一本化して、「おまとめ」してしまった方が、金利もずっと低い設定になるし、毎月の返済も楽になるだろうと考えたのです。

消費者金融系のカードローンへ、申込みをしましたが他社からの借入がある為に、あまり限度額を大きく設定されることはありませんでした。
所謂総量規制の影響もあったのは、間違いないと思います。
それであればと、銀行系のカードローンへ申込んでみました。

すると、審査結果のお知らせと共に、「限度額300万円までならご用意出来ますが…」の案内を頂けたのです。
一本化が可能な限度額300万円・金利7.4%での契約となりました。
早速、クレジットカードのキャッシング枠の借入残高分を借入、全てをおまとめすることが出来ました。
複数あった借金をおまとめで一本化したことで、それ以前と比べれば、毎月の返済も少しは楽になりましたが、それでも家計が厳しい状況からは、なかなか抜け出せずにいるのが、正直なところです。