自己破産を申し立てる目的は、借金を免責してもらい、苦しい生活から抜け出すためなのは言うまでもありません。
ですが、ただ申し立てるだけで無条件に免責されると考えていないでしょうか?
自己破産の手続きは2段階に分かれています。

1つは破産者として認められる申請。
もう1つは借金を免責してもらう免責の申請です。
債務超過で財産もなければ、自己破産を申し立てて、手続の開始決定により破産者になることは難しくありません。

しかし、免責されるかどうかは別の手続きです。
破産者になったからといって必ずしも免責されるとは限らないということに理解が必要です。

この点は非常に誤解が多く、何度も申請は行えます。
しかし何度も免責されないのは、2つの手続きが分かれているからです。
この制度は人生をリスタートするのに有効な手段ですが、全ての申請者を簡単に免責してしまうのは不平等です。

例えば、意図的に債務超過を作って全て免責されてしまったら、お金を貸した側はたまらないでしょう。
また、免責されるかどうかは、多額の借金を作った理由に大きく影響されます。
常識的に考えて一度は許しても二度は許されないような理由(自分勝手な浪費など)では、免責されないこともあるので要注意です。