win7からwin10へ無料アップグレードしようと2日も頑張って無理だからといって諦めるわけにもいかず、手動でのアップグレード方法としてネットで紹介されていたメデア作成ツールを使って試したところ1時間程度かかりましたがあっという間に終わってしまった印象です。
それを使ったおかげでトラブルの真犯人が何なのかも判明しました。
マイパソコンのWINDOWS UP DATE機能そのものにエラーがあったのです。
そのエラーがデフォルトの修正ツールで修復されると何事もなかったようにアップグレードプロセスは進んでいき無事に完了したのです。
あの待つだけ待たされた無駄な時間は一体なんだったのだろうかと思うと、トラブルの多い自動ダウンロードよりメデア作成ツールを使う方法を最初から推奨すべきではないかと思ったほどでした。
そして最初に無料配布されたダウンロードファイルのコピーを使用して他の端末をWIN10化できることも知りました。
わけあって無料期間中にアップグレードできなくても後からでもそのファイルはメデア作成ツールを使いアップグレードが可能なのでした。
そのFILEをDVDかUSBか何かにコピーして保存しておけば無料アップグレード期間終了後でも何かと使えそうな気がします。