スポーツのエンターテインメント性

最近いろいろなスポーツが大きく取り上げられるようになり、新しくファンを増やしているスポーツも多くあると聞きます。
直近ではラグビーやテニスでの日本人選手での活躍が注目され、一気にフィーバーを巻き起こしました。
数年続いているものでは女子サッカーやフィギュアスケートなども、すっかり馴染んだものと言えると思います。
大きな国際大会等の中継があると、みんながこぞって観戦して、国民行事のような様相になっていることもあります。
思えば自分が子どもだった頃にテレビで観戦すると言えば、野球とか相撲がメインだった気がします。
ちょうど小学生のころにJリーグが始まり、にわかにサッカーに注目が集まってきた時期でもありました。
その当時のことを考えると、かなりスポーツの観戦や実際の競技への参加に関する環境が一新されたかのように思います。
それでも日本人の選手やチームが国際大会で優勝するようなものはまだまだ数えるほどで、選手の育成の遅れが課題として言われます。
選手の育成環境を整えたり、実際に活躍できる選手が育つまでにはかなりのお金と時間を要すると思います。
しかし一時的な熱狂は次第に収束してしまい、なかなか浸透しなかったり、変わらず厳しい環境にある競技もあります。
スポーツがエンターテインメントとして消化されてしまうというのは、必ずしも良いことではありません。
しかし一般の人を魅せる要素や、浸透させるようなこともスポーツの発展には必要なことだと思います。
今度もたくさんの日本人選手の活躍が見れるように、選手だけでなく競技自体の発展も期待したいものです。