桜が綺麗に観られるねと言っていたのに

新居に引越しをしたのですが、物件選びの時に理想の間取り、家賃、駅からの近さに惹かれてその日に契約した彼と暮らすアパート。
大きな公園があったので、彼と引越した時期はちょうど桜が綺麗な頃だね。一緒にお花見に来ようね。と話していた。
3月末の日曜に引越しをし、共働きなので会社から帰った時間にちょこちょこと整理を続け、なんとか心地よいと思える環境にまでした。
そして、一緒に暮らし始めて初めての二人揃ってのお休みが取れたので桜を観に行こうと約束していたのに。
大雨が続き、風が強い日が続き、通勤電車から見える桜の木もピンクだったものがだんだん緑の木へと変化していった。
花の命は短いというけれど、かなり楽しみにしていたお花見デートは悲しいものになりそうだ…
フェイスブックで友人の子どもの入園式や入学式の写真がどんどんアップされている。もう少しだけ桜がもってくれたらいいのにと願う。
大人になるとイベントへの意識が薄くなる代わりに、楽しみにしてるイベントの予定が狂うと本当にむなしく感じてしまう。
一年に一度しか見れないものだからプレミア感があるのだけど、この際家でも鑑賞出来る桜の木の盆栽でも購入しようかと本気で迷っている。