そろそろ歯科でいつもの歯の掃除をしてもらおうと思った2週間前のこと。
予約を入れようとした前夜に、前歯が糸ようじで欠けた。
そんなわけで、予約の電話には「歯の掃除と前歯の治療」をお願いしたのだが。
予約日が来て、さあ歯科に行こうと準備しつつ、鏡を見ながら歯を磨いていたら「あれ?」。
なんと、左下の歯がない!?
確かに、そこは元々歯周病で根っこもボロボロと言われていた部分。
だから何かの拍子に取れてしまったのか。
一応歯の下の部分は残っているようだけど。
しかし、起きた時には何も違和感はなかったんだけどなあ。
朝食のパンと味噌汁を食べた時に飲んでしまったのだろうか。
全く気付かないうちに、歯がなくなっていたことのショック。
しかも、その日の歯科の先生は、いつもの先生ではなく臨時みたいで。
そのせいか、掃除もしてくれず前歯の治療のみ。
おそらく左下は残った部分を抜歯して、ブリッジをすることになるようだが、「年明けにしようか」だってさ。
なんでも、歯科医いはく「年末に痛いのって、イヤだよね」って。
そういうものかな。
私は別に年末年始だからって、歯が痛くてもかまわなかったんだけど。
でも、よくよく考えてみたら臨時の医師だから、ややこしいことはしたくなかったのかもね。
それにしても、年末まで数週間あるのに仕方ないなあ。