麻雀は急には止められなくて借金してしまう典型例。

住宅ローンでは借入しているのが一般的です。
これを払い終わるまでが長く年月を費やしてしまいます。
30年という期間で設定してほとんど一生かけてローンを払うつもりでいて、ほぼ会社と家の往復で過ごすわけです。

それ以外での借入はあまりないですが、やはりクレジットカードを多用すると借金に近づきます。
ショッピングでついつい買ってしまって、後になって払えないというときです。
あるいは、ギャンブルに使ってしまうケースがあります。

とくに麻雀は気が向いたときに、店で卓を囲んで打つのが面白く、朝から気合で出かけてしまうものです。
しかし、結果で負けてしまって、借金することになりますが、翌日も負けてしまいます。
あげく返却できずに期限を過ぎ、返済利息がかさむということです。

麻雀は急にやめられないし、お金があるぶん使ってしまうし。。
軍資金があれば勝てると勘違いしてしまいがちだから、返済不能になってしまう典型的な借金の例です。
はまると働いて貯めた貯金がぜんぶ消えるほどやりこんでしまうし、大当たり引くまでやってしまいます。

どこかでやめる訓練をする必要があり、そのためにはカウンセリングなどを受けたほうがよいかもしれません。
麻雀では勝てないと思います。