週に4回家族で夕食を一緒に食べるのはハード

家族の満足度は家族が一緒に夕食をともにする回数と関係があるというようなコラムを読みました。
そのコラムによると、週に4回家族揃って夕飯を食べる事ができると家庭の幸せ満足度はばっちりということでした。

でも、果たして、家族揃って夕食を週に4回取れる家庭というのは、どのくらいあるのでしょうか?
多分、週二回というおうちが多いのではないかなあと私は思います。
やはり、休日でないと家族全員が一斉にというのは難しいと思います。

わが家も、夫の会社が休みの週二回が家族そろって、夕飯を共にする回数です。
平日は夫も遅いですし、子供達も、それぞれ習い事などあり、一緒にそろって夕食はかなりハードです。

この週4日の家族の夕食のコラムは日本語で読んだのですが、ひょっとして、元の記事は外国語なのではないかと疑ってしまいました。
私が留学していた時は、ホームステイ先のお父さんは、5時頃には帰宅して、夕飯作りをしたり、子供の宿題を一緒にやったり、子供の習い事を迎えにいったりなどしていました。
もちろん、毎日、週に7回、家族は夕食を共にします。
私が日本では、このようなリラックスした食事風景は休日にしか見られないと言った所、大変驚かれたことを覚えています。

日本は楽しいグッズや、美味しいお店、テクノロジーなど、すばらしい物が溢れていますが、家庭生活の満足度は諸外国に比べると劣っているのかなあと感じました。