「消費者金融」は「即日融資」の場合が多い

私は大学を卒業して社会人となり、社会人1年目の忙しい日々を送っていました。
そんな忙しい日々を送る中で、ついつい酒量が増えてしまい、酒代が生活費を圧迫する様になっていました。
そんな酒代が生活を圧迫する日々を送っていた私は社会人となり上司や先輩からキャバクラ遊びを覚えさせられてしまい、私はすっかりキャバクラにはまってしまったのでした。
最初はキャバクラ、次に風俗、という「夜遊びフルコース」をする事も珍しくなかった当時の私はすぐに金銭的困窮状態に陥ってしまいました。
その日も仕事を終え、夜の街に繰り出したものの、いかんせん手持ちの金が何とも寂しい状態でした。
「お金が無い。でも夜遊びがしたい。」という状態だった私は、何とかして夜遊びをする為のお金を捻出する必要性に駆られていました。
「どうしようか」、迷う私の目に駅前の「即日融資可能」の文字が飛び込んできました。
それは「消費者金融」の看板でした。
私は今まで「消費者金融」からお金を借りた経験が無く、融資を受けられるのかが不安だったのですが、「即日融資」キャッシングを受けるため、駄目もとでその「消費者金融」の店に入りました。
店内は綺麗な雰囲気で落ち着きながら私は必要事項を用紙に記入して審査の結果を待ちました。
そして無事に「審査」が通り、私は初回とりあえずとして10万円を即日融資して貰える事になったのでした。
私は、「消費者金融」は「即日融資」キャッシングが受けられるものなのだな、とその時に感じました。