IT化がますます進む今日の日本社会において、IT関係の仕事は最も将来が期待できる仕事の一つであると言っても過言ではないでしょう。

IT関係の仕事の中でも、会社に勤めながら仕事をすることができ、また自分自身で独立をして仕事をすることのできるものの代表的なものがwebデザイナーとなります。
webデザイナーとして就職を目指したり、独立開業を目指す上で欠かすことのできないものの一つがwebデザイナーとしての資格となります。
資格は自分の持っている技術や知識、スキルを客観的に証明してくれるものであり、就職や仕事を獲得する際には大いに助けとなってくれます。

また、取得するためには試験をパスする必要があり、試験勉強を通して知識やスキルを身につけることができます。
是非とも試験にチャレンジして将来に役立てたいところですよね。

国家資格であるウェブデザイン技能検定や民間資格であるJWSDA Webデザイン検定、Webクリエイター能力認定試験等が代表的なものとなっています。
ウェブデザイン技能検定の3級と2級は実務経験無しで受験が可能なのでこれからwebデザイナーの勉強を始める人には最適なものだといえます。
JWSDA Webデザイン検定は全体的なスキル向上のため、Webクリエイター能力認定は実技スキル向上のために挑戦してみるとよいでしょう。