3月の寒波と豚汁

この日、北部九州は真冬に逆戻りしたかのような寒気に覆われた。もう3月なのに、なんという自然の気まぐれ。
今日の夕食は何にする?こんな日は、そう、豚汁だ。人によっては「ぶたじる」と呼ぶそうだが私は「とんじる」だ。
ぶたじるだと何かこう、生きて動いているブタの匂いがただよってきそうでいやだ。だからとんじる。
昼過ぎに、かなり早めに夕食の準備に入る。使う食材は次のとおり。
豚バラ・ごぼう・大根・人参・しめじ、それと薬味として長ネギのみじん切りを用意する。
本当はサトイモも用意したかったが、下処理が面倒なので今回はパス。
豚バラを使うと、コクがでる。油と味噌は相性がいいみたいだ。ゴボウは泥付きがよい。漂白したやつとは香り
が違う。
まずは豚肉を炒める。使う油は、ごま油。これが良い。豚肉から香りがたって、火が通ったら野菜を入れる。
全体に油がまわったら炒めはおしまい。あとは出汁をいれて、煮込むだけ。
味噌を二回にわけて溶き入れたら、豚汁の完成。うん、今日も我ながら上出来だ。
まだ日が高いので、近くの公園に行ってみた。沈丁花の香りが、心をときめかせる。桜のつぼみもおおきくなってき
た。今月の下旬には、北部九州で桜の開花が予想されている。春はもうすぐだ。たとえ一時、寒波がきても春への
あゆみは止まらない。三寒四温、もうすぐだ。
春になったらどうしよう?もちろん、食べますタケノコを。鶏肉とタケノコの煮物に木の芽をそえて。タケノコご飯
に菜の花と鞠生の吸い物、サワラの西京焼きも付けますか。
春よ来い。