ミニバンに革命をもたらした「天才卵」

「トヨタ・エスティマ」はトヨタが販売している、ミニバンです。
初代は、エンジンをフロントシートの下に配置して床をフラットにしたレイアウトで、注目を集めました。
重量配分が優れていてハンドリングが、セダン並みにしっかりしているということから「天才卵」と言われていました。

この登場以来、ミニバンの床はフラットになり、今のミニバンの原型を作った車と言われています。
そんなエスティマは現在は3代目のモデルです。
2代目からはスタイルはあまり変わりませんが、エンジンはフロントに配置されるようになりました。

これは衝突性能を上げるためです。
今の3代目も2代目と同じようなレイアウトです。
エンジンは直4・2.4リッターとV6・3.5リッターエンジンです。
そのほかにハイブリッドモデルもあります。

参考:estima下取り

この3代目は発売されてからかなりの期間が経過しているため、間もなくフルモデルチェンジするようです。
新型が楽しみです。
エスティマのようなミニバンは一時期大人気で、ミニバンばかりが売れてセダンが売れなくると言われた時期がありますが、最近はそうではなくなってきました。
ハイブリッドカーに押されて、売れ行きは低迷しています。

estima