最近、ドラッグストア内にも調剤薬局コーナーが設置され始める様になってきたました。
そのせいもあり薬剤師の姿を今までより良く見かけます。
さて、そんなより身近な存在になってきた薬剤師ですが、これになる為にはまず、大学の薬学部を卒業し、その後、国家試験に合格しないといけません。

さてその薬学部ですが、実は医学部同様に卒業までに6年間必要とされる事はご存知でしょうか?
医学部の場合、解剖実習等、必要とされる基本的な知識と技能を身につけるのに時間がかかり、その結果、他の一般的な学部の4年間よりも長い期間、学ぶ事となります。

薬学部はその医学部と同じ期間、学ぶのですから、当然、この学部で学ぶ内容は多岐多様なものではないでしょうか。
最も、私自身、薬学部の出身ではなく、また身近にこの学部の卒業生、もしくは只今薬学部に在籍中と言う人がいない為、具体的にどの様な勉強をしているのかは知りません。

なので上記の推測が正しいのか、それとも間違っているのかは良く分かりません。
案外、医学部が卒業まで6年間もかかる一方で、薬学部が4年間で卒業なんて事になると、薬学部が軽く見られる等の理由によって卒業までの期間が6年間になったのかも知れませんね。
薬学部の学生がどの様な事を学んでいるかを知れば、この点はっきりするのでしょうが・・・

参考サイト:「薬剤師 ブランク

45