引越しするときは、よく段ボールにそれぞれ物ごとに入れて、名前を書いてわかりやすくしたり、割れ物などは隙間に新聞紙をつめたり、結構面倒だなと感じていました。
また、業者に頼むと結構いい値段もするし…。

そこで、結婚が決まり、実家を出るとき、とりあえず安い先を探すために色々な引っ越し業者に電話し、値段を比較。
便利屋さんの方が低価格かと思い、近くの便利屋さんも何件か電話し値段を調べました。
その結果、夫と「安いかと思ったけど意外に高いね」ということになり、自分たちですべて行うことを決意しました。

幸い、2人とも私の実家から遠くない距離に住んでいましたし、夫の方は荷物が少ないこともあり、何かのついでに車で少しずつ荷物を運ぶようにしていました。
一気にではないので、負担もすごく少なかったです。
冷蔵庫や洗濯機など重いものもありましたが、2人で協力して荷物を運びました。

唯一私の実家から運び出したタンスが多きくて車に積めなかったので、いい考えはないかと作戦会議をし、あるお店で重いもの大きいもを買い物をすると、小型のトラックを貸し出してくれるというサービスを利用し、そのお店で買い物をしたついでに、私のタンスも一緒に乗せて運び、引っ越しは終了。
意外と自分たちでもできるものです。
思い出の安い引っ越しとなりました。
こちらも参考に。

紹介テーマ:一番安い引っ越し業者(http://www.moving-vendor.com/

hikkosi