返済義務のある奨学金は借金だと認識しておこう

借金という言葉にはマイナスイメージが付いて回ることが多いです。
しかし現実的には、自分自身で明確な借入であると認識していないだけで、実態は負債を抱えている方も決して少なくありません。
例えば、返済義務のある奨学金は言い方を変えると借入以外の何物でもありません。
その名称から学費のサポートが受けられる魅力的な制度に感じてしまいますが、きちんと支払いをしなければならない以上、借金に分類すべきだと言えるのです。
Continue Reading »

コメダ上場に関する一考察

コーヒーチェーンのコメダホールディングが東証第一部に華々しく株式上場しました。
多くの投資家の関心のある株価は公募価格よりも安値である1867円寄り付きましたが、その後に本日の高値は1965円まで上昇しました。
私はこの株式投資の戦略としては公募価格よりも安く株価が寄り付くようならば株式を購入し、公募価格付近で株式をすべて売却するとというスタンスでこの株式への投資を考えていたので、本日のコメダホールディングの株式ではまずまずの結果が出たのでほっとしています。
このようなことを申し上げますと私が専業投資家として生計をたてていけるほどの腕をもったデイトレーダーのように思われるかもしれませんが、私はそのようなものではなく、普段は勤勉な会社員としてに会社に奉公しています。
株式投資では投資でもけられそうなときに投資をして、それ以外の相場展開がよく分からないときは投資をまったくしないことがいいとこだと私は思っているので、自分が自信ののあるときだけ私は株式投資をしているのです。
コメダホールディングの上場日にこの株式へ投資は自信があったので、会社に半休を取って株式投資をしたのです。
午後から会社に行く途中に私はコメダコーヒーに寄ってコーヒーを飲みシロノアール食べました。

薬剤師になる為の教育期間

最近、ドラッグストア内にも調剤薬局コーナーが設置され始める様になってきたました。
そのせいもあり薬剤師の姿を今までより良く見かけます。
さて、そんなより身近な存在になってきた薬剤師ですが、これになる為にはまず、大学の薬学部を卒業し、その後、国家試験に合格しないといけません。
Continue Reading »

私の夫は物をなくす天才です

毎朝夫にあれが見つからない、これが見つからないと起こされるんですがほとんどが見える場所に置いてあります。
あれだよねと指差すだけで終わるんですがこれはいったいどういうことなんでしょうか。

もっとよく探してほしい。
夜中に子供の相手をしているんだからもう少し寝かせてほしいというのが本音です。
靴下と携帯電話と眼鏡をよくなくしますね。
そもそもなんでそんなに物をなくすんだろうと思います。
興味がないんですかね。

友達の夫は家の鍵をなくして家に入れないことが続いてついに首から鍵を下げて持ち歩くようになっていましたが我が家もそうしたほうがいいのか迷います。
眼鏡を多くのなくすので、眼鏡ケースに穴を開けて首からぶら下げるようにしておいたほうがいいんでしょうか。

それとも朝起きて欲しくてわざとやっているのかなと時々考えます。
携帯電話知らない?と聞かれてテーブルの上にあるのを見つけた時もしかしてこの人わざと?と疑ってしまったんですよね。
見送りがなく一人で仕事に行くのが辛いのかもしれません。

気持ちはわかるんですけど育児中は夜泣きがあるので勘弁してもらいたいんですよね。
本人にわざと?と聞いたら違うよと笑っていましたが、笑っている場合でじゃない、頼むから物をなくさないでくれと心の中で呟きました。

ミニバン界を常に牽引し続けるホンダのオデッセイ

ミニバンと言えばホンダ車を真っ先に思い浮かべる方も少なくないのではないだろうか。
業界内でも屈指の安定感と信頼性を誇るオデッセイ。
今日はそんなホンダ製ミニバンのさらなる魅力に迫って行きたいと思う。

まずオデッセイの代表的な特徴の一つとして、超低床プラットフォームがある。
車内空間を広げるために天井の高さを上げるという手法はよく聞く話です。
しかし、このオデッセイは天井だけではなく床の高さを下げることにより上下の広さを同時に確保することに成功している。
床の高さを下げることによって得られる恩恵はそれだけではない。
重心が下がることにより走行性能の向上や乗り降りの際のストレスを極限まで減らすことができるのである。

「走るラウンジ」というコンセプトからも見て取れるように、インテリアのこだわりにも妥協は無い。
シートには2列目と3列目の容易な移動を可能にした7人がけと、より大人数での移動を可能にした8人がけを用意。
オプションで高級感溢れる本革のシートに変更なのも嬉しいところ。

そして何よりも注目しておきたいのが最新技術を駆使したカーナビゲーションシステムである。
スマートフォンにヒントを得た静電式のタッチパネルを採用したことで、より直感的な操作が可能になったことでドライバーの走りを全面的にアシスト。
常に時代の先を行き業界を牽引してきたホンダオデッセイ。
更なる進化を遂げ、新たな支持者を獲得するのには、それほど苦労することはなさそうだ。

odyssey