阪神タイガースの糸井嘉男選手の2017年シーズン。

肉ジャガに使う肉は牛・豚・牛?

肉ジャガ、オーソドックスながも深い料理といえる。
私はこれとご飯で丸々1日持たせられる、といえるぐらい好きである。
最近の肉ジャガは、牛ではなくもっぱら鶏肉、牛だと値段が高い事と鶏肉の方があっさりしているから。

因みに関西は牛で関東は豚らしい、私は関西の人なので、肉ジャガは牛と思っていて、テレビで関東は豚というのを知ってびっくりしました。
まぁ最近はそもそも鶏肉なので関係ないといえばないのですが。
鶏肉なら普通はもも肉を使うのが基本らしいです、脂が溶けて旨みになるので、脂の多いもも肉がいいらしいですが、私は胸肉派です。

なんか胸肉には疲労回復をする成分が含まれているらしくて、それに頼りっきりになっているから。
勿論、もも肉よりも安いからというのもあります。金欠だし。
まぁ欠点もありますが、胸肉だと煮るとどうしてもボソボソになります。

しかし、私はそのボソボソは意外と好きなほうです。ツナみたいな食感なのでいける!とか思ってしまいます。他の人はあなた、変じゃない?と言いますがあまり気にしていません。
しかし、一回豚肉の肉ジャガを作ってみたいと思っています、関東風ですね、豚肉の旨味とジャガイモて合いそうな感じです。
なので買い物は豚バラとジャガイモですね。

乾燥肌を手軽にスキンケアするならオールインワンゲルが良い理由。

オールインワンゲルとは化粧水、美容液、乳液などが一つになった商品です。
一つでこれらすべての役割を果たしてくれるので、忙しい女性を中心に人気とされています。
ただし、オールインワンゲルといっても成分は様々なので、自分の肌質や目的に合ったものを選ぶ必要があります。
続きを読む »

稀勢の里関には、ひたむきで真っ直ぐな横綱になってもらいたい。

入門から15年かかってようやく横綱昇進を果たした稀勢の里関。
テレビでは優勝決定前から土俵入りまでの間、連日放送されていましたが誰一人として彼を悪く言う人はいませんでした。

横綱になった人でさえも「問題行動や問題発言」が取り沙汰され、批判される力士もいました。
けれど、稀勢の里関の人間性や相撲に対する真摯な思いが伝わってきてより好きになり応援したくなったのです。

15歳で中学を卒業する1か月前に学校を離れ、相撲部屋に入門されたそうです。
家庭の事情もあり、自分が稼ぐんだという強い思いもあったようなのです。

一方、小さいころは野球をしており、時に仲間にイライラする態度を取っていたようでした。
それを監督に指摘されると「泣きながら謝りに来た」というエピソードを目にしました。

昔は泣き虫だったけれど自分が納得いくまで素振りをしていたとも言います。
現在でも稽古熱心だと言いますので、自分のやりたいことはとことん追求される方なのでしょう。

今の稀勢の里関は土俵では決して表情を変えません。
けれど、優勝が決まった時に右目から一粒涙が出た時、本当にほっとしたんだなと感じました。
30歳という決して若くない横綱ですが、短命に終わらず今のひたむきさを忘れない横綱になってもらいたいです。

新型アルファードのフロントグリルが凄い!

トヨタの「アルファード」と言われて頭に浮かぶのは、強烈なほど押し出しの強いグリルではないでしょうか。
その車を印象づける上で最も重要なグリルに強いこだわりを感じます。
今回モデルチェンジが2回目となる3代目アルファードですが、歴代の中でも現行モデルはとても迫力のあるフロントグリルで、私なんかは道を譲ってしまうほど威圧感をうけます。

フロントグリルの迫力だけではなく高級感も充分に漂う外見は、ファミリー向けミニバンとは一線を画す存在で、トヨタの最高級ミニバンの名に恥じない仕上がりになっています。
しかし実際に見かけるドライバーさんは若い方も多く、アルファードの支持層の広さを伺い知る事ができます。
そして高級感は外見よりも内装の方に重点を置いたように感じられ、昔初めてセルシオを見たときのような衝撃を受けました。

「走る応接室」という言葉がぴったりと当てはまり、いつまでも室内で寛ぎたくなります。
エンジンは低燃費でパワーのあるものをラインナップしていますが、あれほど大きな車体にはV8エンジンを乗せてもらえたらな~と、素人考えで妄想を膨らませてしまいます。
是非、新しいモデルに乗り換えて、家族と共にドライブを楽しみたいものです。

母が軽自動車に乗り続けている理由は・・?

実家の両親は車が無いと生活が出来ない地域に居を構えている為、二人共それぞれに車を所有しています。
父がクラウン、母も長い間、父のお下がりだったセダンに乗っていました。

でも母は自分でも言うように、あまり車の運転が上手ではありません。
特に車庫入れなどはいつも必死の形相です。
じゃあもっと小回りが効いて、扱い易い軽自動車にすればいいのにと言うと、「お父さんが駄目だって言うから」との事。
今度は父に何故軽自動車ではいけないのか尋ねると、「お母さんの身に何かあったら大変だろう」という返事が。

父は若い頃からずっとトヨタのユーザーで、色や型式は少しずつ変わりながらも、常にセダンタイプの車を愛用していました。
自分が新しくクラウンを購入した時にそれまで乗っていたセダンを母に譲ったのですが、「今まで自分は何度か他の車にぶつけられたりした事があるけど、この車に乗ってからは一度もないから」と。
つまりは自分がこの車で怪我をしなかったので、縁起を担いだのだそうです。

そういう理由じゃ嫌だとは言えないよねと母も納得し、結局その後、父から譲られた車を十年以上乗り続けました。
その車は普段の足代わりにしているだけで車旅行などはしていないのですが、流石の経年劣化で廃車になる頃には走行距離が15万キロを越えていたそうです。

父の縁起担ぎが功を奏したのか、勿論母はその間車で怪我一つしませんでした。
次こそ軽自動車にするのかなと思っていたら、やっぱり次の車もセダンに決めたそうです。
セダンへの信頼はまだまだ篤いようです。

善玉菌の力で腸を綺麗にしてお肌も綺麗に。

お肌の調子がイマイチ冴えないことにずっと悩んでいました。
あるとき腸内環境がお肌にも影響を与えやすいのだということを知り、少しでも肌を綺麗にしたい一心で、お通じを良くする体操などをするようになりました。
しかし私の頑固な便秘にはなかなか効果がなく…。
そんなときに友人のすすめで、腸を整えてくれるようなサプリを探していて「善玉菌の力」に出会いました。

このサプリはカスピ海ヨーグルトの乳酸菌を含んでおり、腸の中を綺麗にしてくれます。
あんなに何をやっても効果のなかった私のお通じが良くなったので本当にこのサプリには感謝しています。
お肌も常にくすんだ感じで顔色が暗かったのですが、腸内を綺麗にして老廃物を出したことが良かったようでお肌の透明感が格段にアップしました。

私の変化を見て母もこのサプリが気になっているようなのですが、合成保存料や合成着色料といった成分が含まれていないので、高齢の母にも安心して飲んでもらえそうです。
これまでにもお通じを良くするサプリは何回か飲んだことがあったのですが、全く効果が感じられなかったり、薬がきつすぎてお腹を壊してしまったりすることが多かったので、この善玉菌の力のように優しくしっかり効果を出してくれるサプリはとても有り難い存在です。

多重債務で限界になるといったいどうなる?

saimu

複数の借金を抱えてしまい多重債務となった場合の特徴的な取引状況としては、借金を返済するための新たな借り入れと、借入限度額の天井現象があります。
借金返済のための借り入れとは、すでに借りているキャッシングやクレジットカードなどの限度額が上限まで達してしまい、月々の返済するお金を用意できないため、別の会社から借り入れをすることでなんとか約定返済だけをしている状態です。

天井現象とは、限度額いっぱいまで使い切っている多重債務の特徴的な状態で、月々の約定返済をしたことによって復活した限度額ですぐに上限まで借り入れをしてしまう状態です。
キャッシングやクレジットカードが天井に到達すると、新たな借り入れはできませんので毎月利息だけを払っている状態になり、元金が全く減らないという恐ろしい状況になってしまいます。

最終的には、毎月の返済で復活した限度額すぐに利用して借り入れし、そのお金を別の会社の毎月の返済にあてるという完全な自転車操業状態、つまり多重債務となります。
この状態になってしまうと不測の事態で病院に行くことになってしまったり、急な出費が必要になった場合は対応できなくなりますので、さらに新しい借り入れを申し込むことになってしまい、どんどん深みにはまってしまうことになるのです。

借金問題から解放されるための解決策を節約しながら!

借金の返済義務があってハッピーという人はいないでしょう。
返済はなるべく早めに終わらせて借金生活から解放されましょう。
ただ毎月一万円やら三万円を返すだけでしょ、と気軽に思えるキャッシングやカードローンですが毎月返していくとなると結構な出費となり、満足な生活ができなくなる月だってあるでしょう。

いつまで返済をしなければならないのだろう、入金日までにお金が足りなかったらどうしようというプレッシャーが債務者を苦しめます。
借入があると未婚の人は結婚ができない、既婚者の人は離婚をされてしまうという男女関係や婚姻についてのデメリットも有ります。

そもそも借金をするのですから元々お金持ちではなく、一万円の支払いにすら困ってしまうという人が多いです。
どうすればいいのか、必ず解決策はあります。

返済から解放されたいがために他人を騙して肩代わりさせたり、他人からお金を借りてそのままトンズラしたり、果てには流行している電話での詐欺などに手を出してしまったり、リスクの伴う危険でありまともではないお仕事に手を出してしまったり、という債務者がいますが、安全なる解決方法を考えましょう。
弁護士への相談も良い方法ですが、債務者は節約のために無料相談をお勧めします。

自己破産手続きと免責の違い。

自己破産を申し立てる目的は、借金を免責してもらい、苦しい生活から抜け出すためなのは言うまでもありません。
ですが、ただ申し立てるだけで無条件に免責されると考えていないでしょうか?
自己破産の手続きは2段階に分かれています。

1つは破産者として認められる申請。
もう1つは借金を免責してもらう免責の申請です。
債務超過で財産もなければ、自己破産を申し立てて、手続の開始決定により破産者になることは難しくありません。

しかし、免責されるかどうかは別の手続きです。
破産者になったからといって必ずしも免責されるとは限らないということに理解が必要です。

この点は非常に誤解が多く、何度も申請は行えます。
しかし何度も免責されないのは、2つの手続きが分かれているからです。
この制度は人生をリスタートするのに有効な手段ですが、全ての申請者を簡単に免責してしまうのは不平等です。

例えば、意図的に債務超過を作って全て免責されてしまったら、お金を貸した側はたまらないでしょう。
また、免責されるかどうかは、多額の借金を作った理由に大きく影響されます。
常識的に考えて一度は許しても二度は許されないような理由(自分勝手な浪費など)では、免責されないこともあるので要注意です。